ワイングラスのマナーのお話

ワインをよりおいしく頂くための必須アイテム「ワイングラス」にまつわる豆知識のご紹介になります。知っていればちょっと格好いい大人を演出できますね。

各部の名称

各部位の名称
各部の名称
  • 飲み口:リム
  • ワインの溜まる部分:ボウル
  • グラスの脚:ステム
  • 土台部分:フット・プレート

ワインに最適なグラスの種類

ワインの特徴にあったグラスをチョイスすることで、より一層ワインの特徴を際立たせることだできます。一般的には次に説明するグラスを用いれば間違いではありません。
更に上級になれば、赤ワイン、白ワイン、発泡性ワインの中でも「渋みが強いのか、酸味が強いのか、甘口か辛口か」など細かな味の違いごとにグラスをチョイスしていきます。

ボルドー型ワイングラス

ボルドー型ワイングラス

渋味の強い赤ワインに

赤ワインは大ぶりなものがおすすめです。特に渋味の強い赤ワインには、ボウル部分が緩やかなカーブになっているグラスを用いることで、渋みを抑えてくれます。

ブルゴーニュ型ワイングラス

ブルゴーニュ型ワイングラス

酸味の強い赤ワインに

渋味の強い赤ワインに対し、特に酸味の強い赤ワインには、ボウル部分が広くなっているグラスを用いることで、より空気に触れる面積が大きくなることで、香りが感じやすくなるのでおすすめです。

赤ワイン用より少し小ぶり

白ワインには中型グラス

白ワイン全般に

赤ワインが常温で飲むことが多い中で、一方の白ワインは冷して飲まれることが多いです。グラスが大きすぎると温まりやすいことから、少し小ぶりなグラスがおすすめです。その中でも、辛口は中程度サイズのグラスを、まろやかな口当たりの白ワインには、より大ぶりなワイングラスを選べば間違いありません。

フルートグラス

フルートグラス

発泡性ワインに

シャンパンやスパークリングワイン全般にはフルートグラスを用いれば間違いはありません。その特徴は、見た目に綺麗な泡が生じやすく、炭酸も抜けにくいことにあります。

ワイングラスのマナー

お食事の場の状況に応じて失礼のない態度であれば問題ありませんが、知っていたほうがより安心できる「ワイングラスマナー」になります。是非参考にしてみて下さいね。

ワイングラスの持ち方

グラスの脚は持たない

脚(ステム)は持たない

日本では正しいと思われているステムを持ってワインを飲む行為、でも以外に思われますが、ステムを持つのはテイスティングをするプロのマナーであり、一般的にはボウル部分をしっかりと持つことが国際的マナーとして認識されています。初めにステムを持って香りを楽しむ分にはOKですが、実際に口にする際はボウルをしっかりと持つことがマナーとされているんですね。

乾杯

乾杯でグラスはぶつけない

乾杯でグラス同士をぶつけない

比較的有名なことで耳にされたことのある方もたくさんいると思います。繊細なグラスが傷つく・割れる、ぶつけた時に生じる音が不快・マナー違反などと言われますね。分厚いガラスのビールジョッキで「お疲れ~!」とは違ったマナーに注意しましょう。

注がれ方

注がれる時にグラスは傾けない

グラスは傾けない

ビールを注がれるときは泡が立たないように『グラスを両手で持ち傾ける』マナーが一般的ですが、それはあくまでもビールのお話です。
ワインを注いでくれるソムリエさん、ウエイターさんは、ワインが最適な香り・口当たりを表現する最適な角度・スピードを熟知しています。こちらは手を加えずにお任せするのが一番ですね。

ワインコラム
おすすめサービス